Amazonギフト券は個人でもできる?メリットと見落としがちなデメリット

Amazonギフト券はクレジットカードで購入することも可能で、使い勝手が良いのが魅力です。

人に贈るのに便利なほか、ちょっとしたお礼に受け取るチャンスも多いのが特徴です。

使い勝手が良い、受け取るチャンスが多いとなると、気になるのが現金化できないかという事です。

実はAmazonギフト券を現金化する方法は複数あり、うまく利用すればスピーディーにお金に変えることができます。

買取専門店に依頼するか個人で取引を行う

Amzonギフト券を現金化する方法は主に3種類です。

  • ギフト券の買取専門店に依頼する
  • 取引仲介サイトを利用する
  • 個人で取引を行う

それぞれにメリットとデメリットがあります。

ギフト券買取専門店は、Amazonギフト券に限らずさまざまなギフト券を買取してくれます。

手数料が指し引かれるものの、安全性、確実性を求めるのであれば専門店に依頼するのがおすすめです。

手順もわかりやすく、初心者向けです。

取引仲介サイトを利用する場合は、入札側か落札側に回り、金額面で条件のあったAmazonギフト券を売買することになります。

サイト経由になるため、直接取引で起こりやすい支払いトラブルを減らせるのが大きなメリットです。

ギフト買取専門点よりも割が良い場合もありますが、システムは自分で覚える必要があります。

個人取引は知り合いなどと直接交渉してお金に変える方法です。

手数料がかからない一方で、支払いトラブルのリスクがあるのがネックです。

上記の取引方法を比較しながら、自分で選ぶことになるのです。

振り込み手数料の負担や入金までの時間をチェック

人によってお得なAmazonギフト券の現金化方法は違い、信用がある人と取引できるなら個人取引も視野に入ります。

しかし、支払いトラブルなどを避けたいなら買取専門店か取引仲介サイトを利用することになります。

この場合に良くチェックしたいのが、振込手数料の負担を誰が行い、どの程度の期間で入金されるかです。

特に仲介サイトはさまざまな手数料が自己負担になることが多く、目減りがしやすいのが特徴になります。

買取専門店は店側負担になることも多く、買取額と振込額のズレが生じにくいのが特徴です。

ただし、少額の場合は買取手数料が高くなるなど、別な面で目減りする場合もあります。

全く手数料がかからず、即日入金を受けられる方法はほとんどないため、比較した上で選ぶことが大切です。

慈善事業ではないため手数料はかかってしまう

Amazonギフト券の現金化サービスは複数存在しますが、手数料などが指し引かれます。

慈善事業ではなく、営利目的運営されているため、額面通りの現金が受け取れるわけでは無いのです。

振込料金は誰が負担するか、振込日がいつになるかはしっかり確認するのがおすすめです。

比較する場合は条件を詳細に確認し、計画的に利用するのが基本になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です